タウンライフ-YDN

PR:ダーウィンシステム株式会社

9割が知らないマイホームの秘密

家が狭くてそろそろ限界…

我が家は旦那と9歳になる息子が1人。

1LDKの賃貸は収納も少なく、息子も大きくなったため3人で住むには狭すぎる。

広くておしゃれなマイホームに住みたいけど、

世帯年収400万ちょっとの我が家だと
今の家賃9万4000円を支払うのが限界。

マイホームの夢は遠いなぁ…

そんな時、学生時代からの友人がSNSで

えっ!!どうやって!?

たしかあの子の旦那の年収ってうちと同じぐらいだったはず…

私はすぐさま友人に連絡しました。

建物代が1300万なんて…
しかもたった月々7万!?

まだまだ信じられない私は電話で詳細を教えてもらいました。

友人によると、安く建てられたのは
タウンライフっていうサイトを使用したからだそうです。

「こんな家がいいな」と
理想の間取りや予算を入力するだけで、複数の住宅メーカーさんが無料で「家づくり計画書」を作成してくれるらしい

疑い深い私ですが、夢のマイホームという考えが頭から離れず試してみることに。

手順は簡単!

1.家を建てたいエリアを選択
2.理想の間取りや大きさを選択
3.お客様情報を入力

たった3分で完了しちゃいました!

>>無料で家づくり計画書を作成してもらう

その後すぐに家づくり計画書が届きました。

これが全部無料なんて…

さらに

なんか図面を見てるとワクワクしてきました

私は勢いそのままに旦那を説得開始!

マイホームはメリットだらけ

マイホームのメリットをざっと書き出してみました

我が家の場合、賃貸マンションとマイホームの違いはなんといっても毎月の支払い

賃貸マンション家賃 → 月々9万4000円

マイホーム住宅ローン → 月々約7万円

毎月約2万4000円浮くと考えると、
1年で28万8000円!

建物代が1300万の注文住宅を建てた場合、ローンが払い終わる15年後にはなんと…
432万円もの差になるんです!!
※個人の感想であり、個人差があります

[say img=”http://ti315ooo.xyz/wp-content/uploads/2020/05/1-1.png” name=””]注文住宅が安いのはわかったけど、そんなに安く建てた家ってなんか心配…[/say]

しかし友人いわく、この安さの秘密は
ローコスト住宅にあるそうです。

ローコスト住宅とは企業が家を売るときにかける広告宣伝費、人件費、開発費などを極力カットして建てる住宅のこと

安いからといって質が変わるということは一切ありません!

しかも、通常は展示場で家を探してパンフレットを集めたりしないといけないが、
タウンライフで資料を一括請求するだけでその必要もなくなります!

[say img=”http://ti315ooo.xyz/wp-content/uploads/2020/05/2.png” name=””]こんな気軽に家づくりの計画が始められるのね![/say]

我が家もついに…

その後旦那とも相談し、我が家もついに家を建てることができました!

賃貸だった頃とは全然違う生活になり、今ではお金にも余裕がでてきました!

※個人の感想であり、個人差があります

なにより、マイホームにして一番良かったことは子供が元気に走り回れるようになったこと!

ちょっと前まではマイホームなんて想像もしてなかったけど、タウンライフのおかげで本当にストレスフリーな毎日を送れています。

「いずれはマイホームを!」と考えてるならば
まずはタウンライフで気軽に比較・検討してみることをオススメします!

会社概要プライバシーポリシーお問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました